2018年11月10日Bチーム第5大会 VS昆陽里タイガース

今日は、瑞穂小で昆陽里タイガースさんと第5大会の試合をさせて頂きました。

結果は有岡 1―3 昆陽里 で負けました。

1 2 3 4 5 6 7
有岡 0 0 0 0 0 1 0 1
昆陽里 0 0 0 1 1 1 3

今回の試合は前半は息詰まる試合展開でした、3回までは両チームとも3人で攻撃が終わると言う投手戦になったのですが、4回から試合が動き始め各回ごとに1点また1点と取られて行く展開に…。こちらも6回に1点をを返し最終回に同点のチャンスがあったのですが、力及ばずでした。今回の展開を見てもやはり打撃力が今一つでした。守備の方は第5大会に入ってからは大きな守備のミスは出ていませんが、もっと小さなミス(油断したプレー等)をなくしていかないとそれが大事な場面に出たら致命的になってしまいますよ。もっと守備の精度を上げる事、それとしっかり攻撃力をつけていく練習を練習日だけでなく普段から自分で考えてやってみて下さい。

今回試合をして頂いた、昆陽里タイガースの皆様ありがとうございました。

そして今日応援して頂いた保護者の皆様、関係者の皆様ありがとうございました。

2018年11月10日Bチーム第5大会 VS昆陽里タイガース」への2件のフィードバック

  1. 総監督

    試合を見に行ってやれなくてすみませんでした。
    私は、君達に第4大会決勝戦のあとに、有岡小で昆陽里さんと練習試合した後に言いましたよね。
    今の君達は強くないよって。
    今の君達では、昆陽里さんのエースから何点も取れないよって。
    この試合前まで勘違いしていた選手・指導者・父兄さんらがいたんだと思います。
    やっと理解してくれましたか?
    君達は弱くもありませんが、強くもありません。
    一人一人が自覚して、力強さを身につけないと、第1大会の県大会の切符も取れないですよ。

    返信
  2. B監督

    今大会から、試合時間も長くなりフルメンバーでの戦いとなりました。
    試合展開もこれまでのような大量得点が出来るほど容易なものではありません。
    少ないチャンスでしっかり役割を果たせるかどうか。
    昆陽里戦、ツーアウトながらチャンスは2度ありましたが、相手に抑えられ無得点でした。
    もっと1点に貪欲になってください。
    状況に応じて瞬時にプレーできる野球を身につけてください。
    その為に、しっかり意味のある練習をしていきましょう。

    ご父兄の皆様、応援ありがとうございました。
    確かに今は、強くもなく弱くもない普通のチームです。
    しかし子供達は少しずつではありますが確実に成長しています。
    自分の力を過信せず、ひたむきに努力の出来る選手に育てていきたいと思っています。
    新チームはスタートしたばかりですが、1年はあっという間に過ぎていきます。
    私自身もこのチームに対して悔いの残ることのないように、子供達の成長のお手伝いをさせて頂く気持ちで頑張りますので、今後もサポートよろしくお願い致します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA