2019年9月15日 Aチーム第11回茨木ライオンズ旗争奪少年軟式野球大会 決勝 VS高槻フェニックス

今日は茨木市の桑原グランドにて、茨木ライオンズ杯決勝を高槻フェニックスさんと戦いました。

結果は 有岡ブレーブス(勝利!) 2-0 高槻フェニックス

1 2 3 4 5 6 7 8
有岡ブレーブス 0 0 0 0 0 0 0 2 2
高槻フェニックス 0 0 0 0 0 0 0 0 0

さあ、いよいよ本日は決勝戦!第11回茨木ライオンズ旗争奪少年軟式野球大会の最終決戦に挑みます! 対戦相手は高槻フェニックスさん。
すっきりと晴れ上がった秋晴れの中、燃える闘志を胸に力いっぱい戦いました。それでは決勝戦の内容を振り返ってみましょう。
有ブレ先攻で試合開始です。初回の攻撃。“切り込め、切り込め”の声援むなしく3者凡退であっさりチェンジ。裏の守り、先発はT-kutoです。こちらも三振、セカンドゴロ、ピッチャーゴロと危なげなく3者凡退に抑えます。2回表有ブレの攻撃。先頭のK-zuyaがレフト前で出塁、続くY-kiが左中間へのヒット!2連続安打でノーアウト1塁2塁のチャンスです。迎えるは5番T-kuto。きっちりバントで送りたいところでしたがサードで刺されてしまいます。それでもワンアウト1塁2塁。ところが相手の左腕エースに後続が抑えられ得点できず。。2回裏。有ブレの守り。チャンスの後にはピンチがくるとはよく言ったもので、先頭バッターがレスト前で出塁します。すかさずスチール!とここでキャッチャーK-suke矢のような送球でセカンドタッチアウト!5番には8球粘られるも最後は三振を奪います。6番も内野ゴロにおさえ、なんとかピンチを凌ぎます。3回表の有ブレの攻撃へ。9番Kota。ヒット性のあたりでしたがあえなくショーライナー。。。惜しい。後続も続かずこの回も無得点。裏の守り。先頭バッターにエラーで出塁を許します。送りバントを決められワンアウト2塁。得点圏にランナーを進められるも後続をキャッチャーフライと三振に抑えます。ドキドキの展開に応援にも自然と力が入ります。4回表。この回先頭のK-sukeがライト前で出塁します。いわずと知れた有ブレ1の俊足ですが、左ピッチャーの巧みな牽制にあえなくタッチアウト、後続も凡打。。。なかなか得点できません。4回裏。2人のランナーを出すも堅い守りで無失点に抑えます。ヒヤヒヤのシーンは心臓に堪えます。。。4回まで終わってお互い無得点。ピッチャーの力投にこたえ何とか先取点が欲しいところです。5回、6回とランナーは出すものの流石に決勝戦。相手もしっかり守ります。6回まで終わって0-0お互いファ-ボールひとつづつと緊迫した投手戦。いよいよ最終回を迎えます。7回表、有ブレの攻撃。あっさり3者凡退。。。裏の守り、こちらも何とか耐えて、0点に抑えます。7回終わって0-0。。。延長戦に突入です。8回表。先頭S-maがレフト前で出塁します。K-taが送りバントをきっちり決めてワンアウトランナー2塁。得点圏に進めます。ここで最強の1番バッターKy-taroがレフトオーバーの2ベース!!遠かった1点をようやく奪います。続く2番T-basaが絶妙な送りバント、焦ったピッチャーはファーストに暴投、その間にセカンドランナーがホームを戻り2点目をゲット!爆発的な歓声が球場を包み込みます。2点の援護をもらったT-kutoは裏の守りも3者凡退に抑えゲームセット。T-kutoはなんと92球を1人で投げきり完封勝利です。
有岡ブレーブス見事優勝を果たしました!決勝戦にふさわしく緊迫した試合でした。そして延長戦の末、劇的な勝利を手にしました!本当におめでとう!!みんなよく頑張りました!!
高槻フェニックスさんありがとうございました。応援に来ていただいた保護者の皆様、関係者の皆様、ご声援どうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA