投稿者「所属コーチ」のアーカイブ

Dチーム初公式戦第3大会

15日、Dチームが結成され第3大会に出場しました。第3大会は有岡ブレーブスがグランド運営を担当しているため、ホームでの試合です。大勢の応援の中、計11人のDチームは緊張の中元気にグランドへ飛び出して行きました。対戦相手は連覇中の鴻池を破って勝ち上がってきた天神川さんです。投球練習を見ると、左右の二人の投手はどちらも速球派です。うちは、練習試合をDチームとして3試合程度こなしましたが、なかなか厳しい戦力です。初回ツーアウト満塁までに作りましたが、点を取れずに裏の守備になります。
ここで、二年生投手やまゆうが三者連続三振を奪い泣きながらベンチへ戻って来ました。張りつめていたのでしょう。試合は天神川さんに二点を先制されるも、粘りを見せ同点に追い付くも最後はエラーが出ての敗戦でした。やまゆうの9奪三振が光ました。でもみんなよく戦えましたね。Cチームと一緒が多いのでDチームとしてはしっかり練習が出来てなかった事を考えればこれからですね、また少しずつチームでの練習を積み重ねて上を目指しましょう。

第3大会からDチーム

有岡Cチームが三年生以下が九人になり、
昨年同様Dチームが出来ました。
昨年同様に、野球は好きで毎日休まず朝から晩まで練習には来ますが、まだまだこれからです。
昨年同様に、やっと九人揃った伊丹最弱のチームですね。昨年のデビュー戦は第1、第2と連覇中だった桜台さんと。くじ運の悪さに驚きました。今年はシード(昨年も一度ありました)をひきましたが、今年第1、第2連覇中の鴻池さんがいますね。このくじ運の悪さも昨年度を確実に引き継ぎましたね((笑))
さぁ、今年も2人の女子部員と、左利き3人と入団したての団員などですが、一生懸命ぶつかります。

第一大会準決勝

29日(土)第一大会の準決勝がありました。

対戦相手は笹原ライオンズさん
初回立ち上がり、いつもアップアップでヒヤヒヤする
うちのチームは珍しく普段は捕れない外野フライを捕るなど五球で三者凡退で切り抜けて来る。思わずストップウォッチに目をやり、あまりの短さにドキドキしてしまった。その裏ワンアウト二塁、三塁も得点出来ず。それ以降うちの外野手が浅いフライを捕球出来ず計四点を失う。さらに追加点奪われ計五失点うちは三回にも同じようなチャンスがあるが得点出来ず。継投でしのぎながらも満塁で三塁ランナーがサードゴロで三塁に戻ってアウトやスタート遅れの盗塁死がつづく。それでも四回に一点を返して最終回も二点を返してツーアウト一塁、二塁で代打のショートゴロエラーの間に二塁ランナーが本塁に突っ込みタッチアウト。
ゲームセット。
次はトップに回っただけに満塁で待っても良かったかな等ベンチワークも含めて反省がたくさん、課題もたくさん出ました。悔しい敗戦でしたが、伊丹最弱チームの戦いはまだまだこれからです。外野に飛んだ打球は初回の捕球のみで後七回くらいはほぼ捕球出来ず。
外野フライの練習もほとんどしたことがないのも、バントやゴロゴーなどのサインプレーもないチームでは勝てないです。指導者の責任です。帰ってから、子供たちは練習で外野フライの練習、走塁の確認、牽制のオプション、エンドラン、スクイズ一杯一通り詰め込みました。指導者が少ないですがこれから精度をあげて行きたいと思います。やっぱり勝たせたいですね。

第一大会準決勝へ向けて

29日に迫る、第一大会の準決勝へ向けて27日、28日両日練習試合に出かけて来ました。
対戦相手は安倉里ノ坊キングスさん

有岡01000 1
安倉1155× 12
安倉さんの強打にうちの捕れない外野陣と内野もエラーを連発します。打つほうは少し形が崩れてる先発陣はあまり治りませんが、下位打線にヒットが出たのが収穫です。
次の日は箕面の西南エンデバーさんとです。

西南5135 14
有岡0102 3

次の日の第一大会へ向けてピッチャーは1イニングずつで5名投げましたが、4番手、五番手とフォアボールを連発に、守れない外野と内野のエラーで大量失点の試合となりました。課題ばかりですが一つ一つ課題をクリアして行きたいと思います。

公式戦初勝利

4月21日(日)Cチームになり、初めての公式戦がありました。一年前は4人しかおらず、団員集めから始まった現Cチームで、やっと9人になって登録出来て出場した市内公式戦は大量失点のアウトもまともに取れずのゴールド負けから始まりました。それでも毎日朝から練習を重ね、50試合以上は練習試合を重ねながら公式戦へ向けて頑張って来ました。初めての公式戦の団員も半数近くの中挑んだ試合です。
対戦相手は鴻池さん

鴻池 1020 3
有岡 3000 3

初回、エラーもあり1点を失いますが上出来です。
その裏2本のツーベースなどで3点を返し逆転に成功します。その後は両チーム共に踏ん張りましたが
ピッチャーの落球をきっかけに流れが相手チームへ移ります。継投で守りにいきますが、二番手も流れを止められず三番手へ繋ぎます。なんとか同点で止める事が出来、最終回へ、先頭にツーベースが出て盗塁、振り逃げなどで一打サヨナラのチャンスでしたが、相手チーム投手ギアが二段くらい上がったような素晴らしい投球で二者連続三振とボテボテのピッチャーゴロでゲームセット。結果は抽選へと移ります。

抽選結果は僅差で有岡ブレーブスの勝ちとなり、嬉しい公式戦初勝利となりました。

積み重ねて来た事が結果に表れて本当に良かったです。抽選結果を告げられた時に、鴻池の選手がすぐに
「次、頑張れよ」と伝えてくれました。抽選で負けたチームの想いも背負い次の試合へ挑みたいと思います。

第一大会へ向けて

いよいよ、日曜日にCチーム第一大会が始まり
ます。新チームになり四年生以下17人のメンバーが大会へ向けて練習を重ねてます。白金メッツさんから始まり、南桜塚、池田ウィングス、荻野フェニックス、中央イーグルスさんと練習試合をさせて頂き、先週は尼崎の強豪成徳イーグルスさんとも対戦させて頂きました。

昨年度、伊丹最弱チームと自負しながらも、毎日朝からA、Bチームと同じように練習を重ねて来ました。

よく会長に叱られながらも全く気にせず明るく
積み重ねた成果を日曜日は出す時です。
伸び伸び出来たらいいですね。また土曜日も西宮
へ足を運んで最終調整してきます。

Dチーム練習試合 対白金メッツ

3月31日、Cチームと共に白金小まで遠征して練習試合をさせてもらいました。Dチームと言っても正式にチームはありませんが、Cの四年生は9人、三年生以下はすでに8人になりました。昨年の四名からは大きな違いです。四年生の試合経験必要な選手を入れての試合です。

有岡 2103 6
白金 505× 10

主な陣形はピッチャーゆいと、キャッチャーるい
セカンドじゅあ、 ショートやまゆう、サードは
ゆきらい。これで分かるように、完全なDチーム
の試合ですね。

ゆいとは、ほぼ初めてのピッチャー、時々指にかかったボールを投げますが、まだまだストライクが入らない。練習をあまりしてないので当然です。
キャッチャーるいは、しっかりと出来てました。
2番手には、初めて投げるやまゆうがピッチャーです。ストライクを連発して、ファーストへも牽制を出来てました。
じゃあ、ゆきらいの2人女子団員も去年に比べれば
すごい成長ですね。なんと言っても打席に立ちたくない❗が二打席立ち、出塁して盗塁二回決めて生還して
嬉しそうにベンチに帰ってきました。
ハプニングだらけのDチーム試合でしたが、
「楽しかったー」 「悔しかったー」って野球の
原点に戻れた試合でした。あと、一人でDチームが出来ますが、Cチームと共に成長できたらなと感じました。

新Cチーム練習試合 VS 桜台、天神川

3月17日 古池グランドで桜台さん、天神川さんと練習試合をさせてもらいました。

桜台さんとは、第3大会登録以来3大会連続で対戦させてもらい、大差でのゴールドまけが続き、第5大会では何とかゴールド負けはせず得点も入れる事ができましたが、点差以上に縮まってない差が大きくありました。
桜台 20000 2
有岡 00030 3

ずーと40試合近くの練習試合を積み重ねて来た3人の投手の小刻みな継投と、初めてキャッチャーをした子の固い守備もあり、雨あがりでぬかるんだため、エラーでの失点がありましたが、積み重ねて来たバッティングも結果が出て逆転で勝利する事ができました。

そうは言っも、バントは練習した事もありませんし、まだまだ走塁も出来ない子がたくさんいますからこれからも練習してもっともっと積み重ねないとと思います。

続けて、天神川さんと対戦させて頂きました。

天神川 00000 0
有岡 0010× 1

初めて天神川さんと対戦しましたが、凄く振ってくるような印象がありました。この試合も3人の投手の継投で勝利する事ができました。

伊丹最弱に変わりはないのでこれからも伸び伸び頑張って行きます。

経験を積み重ねて

1月19日 緑が丘ファイターズ、川西明峰さんとの三つ巴で練習試合をしました。結果は川西明峰さんに
3 – 6 で敗戦。初回のノーアウト二塁、三塁での走塁ミス三連発でチェンジでは勝てませんね。緑が丘ファイターズさんとは 13 – 8 で勝ちましたが、緑が丘さんも色々な選手に経験を積ませる為の試合の中でいい経験が出来ました。前回(昨年)緑が丘さんと練習試合したのが11月末。それ後から中央イーグルス、安倉里ノ坊キングス、鳴尾東ビクターズと昨年中に練習試合をさせてもらい、その11月~12月までの間に新入団も増え、三年生以下14人になりました。
年明け早々から、尼崎スピリットさんと練習試合を行い、先週は鴻池ブレンズ、桜台ハンターズとの三つ巴、そして昨日の川西明峰、緑が丘ファイターズさんとの三つ巴と練習試合の積み重ねは十分出来てますが、伊丹のDチームの中では現在は最弱でしょうね。
他チームは、バントを使用していた事を考えれば、うちは半年は戦術的には遅れてると感じます。新入団の子もいるのでまずは、基礎、しっかり振ることの積み重ねを目標にしながら毎日朝から練習の積み重ねをしてます。他チームのバント戦術を見て先日初めてバントを練習してみましたが、まだまだ基礎、しっかり振ること、守れるようになることを練習して行きながら、最後は伊丹最弱から一つでも上に行けるように頑張って練習します。練習試合の量だけは大会の多い隣の尼崎などに負けない量を目標にしてます。
今日も昨日のおさらいと地味な基礎練習を楽しくやります。

緑ヶ丘ファイターズと練習試合

11月24日有岡小で緑ヶ丘ファイターズと練習試合がありました。第1試合は3-5で敗戦し、なかなか悔しい結果になりましたね。緑ヶ丘さんに序盤二点先行しながらの逆転負けでした。先発のぞみには少し厳しく触れましたが、その日により調子の好不調の波の振り幅は物凄く大きくて、ふたを開けてみないとその日はどうなのかも分かりません。調子の良い悪い関係なく、自信を持ってプレーしてほしいです。投手としては本当に安定して来てます。二番ゆうとも同じく流れのままフワッと打席に入る、当然結果はいい方向へは進まない、ただゆうとは、初回の守備で良いプレーがありましたね。三遊間の内野ゴロ処理は見事でした。しゅんたはバッティングは本当によくなりました。ゆうしは広いストライクゾーンと自身のバッティングの結果に納得は行ってないですが、そこは乗り越えて積極的に行っての結果は仕方ないと思います、形は出来て来ていてしっかり振れているのですぐ結果がでるでしょう。ゆうきは、対戦相手が伊丹のチームと言う事で今のチームの力試しで久しぶりキャッチャーをしました。2週間練習してなかったので最初は戸惑いましたかね。ゆうきは守備をもっと練習してファーストあたりを守れるようになってくれたらと思います。二年生のゆいと、るいはフライをキャッチするなど、成長が見られました。ただゆいとは、途中守りたくない(笑)というので交代しました。本当の言葉の真意はまだ会長の勉強不足ですね。そうた、くにたかは入団間もないので、今は練習から色々と覚える事があり、混乱中ですが混乱を説明して練習して少しずつ成長してほしいです。やまゆうはトンネルしましたが、積極的に攻めてのエラーは全然大丈夫です、振りも走塁も積極的で成長してます。ゆきらい、じゅあはランコーを頑張ってましたね。座り込んだりしますが(笑)ゆきらいは守備より打ちたい、じゅあは守備はいいけど打ちたくないで丁度いい関係でした。体験会や先に入団してる子や最近入団したての子や三年~一年までの体力差も違う複式学年の子供たちがいますから一つ一つ積み重ねて行けたらと思います。